ただひたすら
農業の発展のために

農業JAPANは、農業の発展を目指す情報ポータルサイトです。

日本の農業及び青果物流通は、いま大きな時代の転換点を迎えています。政治・経済・社会環境も自然環境も、混迷を極めています。ポータルサイト農業JAPANは、農業業界に長年携わってきた経験から農業及び青果物流通業界が健全な発展を遂げるために、全国の仲間が連携し、知恵やノウハウを共有し、そして新たな未来を切り拓くプラットフォームです。情報が、もっとも大きな資産であり価値です。農業JAPANは、日本最大の農業関連コミュニティーサイトであり、情報バンクを目指します。

新着情報

みんなの広場(掲示板)

みんなの広場は、SNSのように農業JAPANの無料会員同士が気軽におしゃべりしたり、相談できる広場です。使い方は、ニックネームやタイトルを入れて、コメントを書き込んで送信。画像を貼ることもできます。ぜひご利用ください。

内緒のおはなし

「内緒のおはなし」は、個別の悩み相談室になります。みんなの広場で聞けない相談は、「内緒のおはなし」をご活用ください。

相談できる内容

栽培品目選定や規格・ブランドの考え方、新たな栽培技術や資材の活用、スマート農業他高度化への取り組み、他の地域・異業種との連携、複合経営・生産規模の考え方、収穫・選果・出荷体制、営農(種苗・施肥設計・農薬・防除・技術)、販売戦略の再構築・開拓、事業継承・金融、法務・財務・労務など
農業JAPANと日本法規情報(法務・財務・労務)に直接メールや電話が届くようになっておりますので、安心してご利用いただけます。

農文協

ルーラル電子図書館

【有料サービス】「ルーラル電子図書館には、農文協の出版物である月刊誌『現代農業』や『農業総覧 原色病害虫診断防除編』『農業技術大系』などが、デジタルデータで豊富に収録されています。
農作物の病害虫診断・雑草診断と防除・要素障害診断・天敵活用・鳥獣害対策の写真データ、実用的なデータを思いついた自由な言葉で、検索(フリーワード検索)、閲覧、利用することができます。

無料会員登録

ルーラル電子図書館
ルーラル電子図書館公式サイト
(一部コンテンツを省略しています。)

講演・イベント情報

交流会、勉強会、イベント情報を掲載しています。今後の予定(日程等詳細は、決まり次第ご案内いたします。) ① 鈴木誠農業義塾 ② 農文協主催勉強会 ③ 篠浦塾勉強会 ④ 日本法規情報主催勉強会(相続・終活セミナー他) ⑤ AZ-COM主催勉強会(物流他) ⑥ 農作業・交流会等

  • 講演・研修会 市場流通ビジョンを考える会
    演題/
    日付/2019年11月16日(土)
    時間/
    講師/株式会社ナチュラルアート
       代表取締役 鈴木 誠
    主催/市場流通ビジョンを考える会
       (東京聖栄大学藤島研究室)
    会場/
    対象/市場流通ビジョンを考える会の皆様
  • 講演・勉強会 JA経営マスターコース
    演題/ナチュラルアートの思い
    日付/2019年11月1日(金)
    時間/13:10~
    講師/株式会社ナチュラルアート
       代表取締役 鈴木 誠
    主催/JA全中
    会場/JA全中研修所
    対象/JA経営マスターコース受講生
  • ツアー 【東京・埼玉発】福島県棚倉町『秋の収穫体験ツアー 1泊2日』
    日付/2019年10月12日(土)~13日(日)1泊2日
    場所/福島県棚倉町
    旅行代金/大人お一人様8,000円税込(他価格設定有)
    申込締切日/2019年9月30日(月)
    詳細/リーフレットをご覧ください。←こちらをクリック企画・実施/株式会社農協観光郡山支店
    お問合せ/電話 024-983-0380

海外(世界と一緒に)

農業JAPANでは、ネパール、ラオス、中国など世界の農業も応援しています。ここでは、どのような形で応援しているかをご紹介していきます。

つながるお友達

つながるお友達は、生産者さんの友達紹介コーナーです。紹介された方の自己紹介記事を掲載していきます。他の農家さんはどんな取り組みをしているのか気になりますねえ?もかしたら次はあなたが紹介られるかもしれませんよ!

いけてる事業紹介

農業業界で新しい技術を導入している生産者さんや事業者を紹介していきます。

メールマガジン

  • noimages 株式会社ナチュラルアート
    代表取締役 鈴木 誠
    1966年、青森県生まれ。
    慶應義塾大学商学部卒業後、1988年東洋信託銀行に入社。 ベンチャー投融資等を担当し、野村證券への研修派遣。2000年、慶應義塾大学院経営管理研究科卒業(MBA取得)。 2003年、株式会社ナチュラルアートを設立、代表取締役に就任し現在に至る。
    農業生産・青果物等食品流通・食育・地方創生等プロデュース。取扱品目:青果物、加工食品、農業資材、農業コンサル、地域活性化コンサル。
    【著書】
    『脱サラ農業で年商110億円!元銀行マンの挑戦』(角川書店、4刷)
    『「水」の力,「土」のチカラ』(日本生産性本部)
    『りんご一つにあと20円多く払えば東北の農業は復興できる』(講談社)
    『NHKうまいッ!食材厳選ガイド』(主婦と生活社)
    【新聞】
    サンケイ新聞コラム「論風」随時掲載
    日本農業新聞コラム「論点」随時掲載

    メールマガジン

    1. Vol.00 「鈴木誠 農業塾」試読み
    2. Vol.1165「鈴木誠 農業義塾」海外出張(20190910)
    3. Vol.1164「鈴木誠 農業義塾」地銀連合構想(20190910)
  • noimages 農業ジャーナリスト
    窪田 新之助
    福岡県生まれ。
    2012年に日本農業新聞を退社後、フリーランスとして食と農の取材を続ける。
    日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM」プロジェクトアドバイザー、日本青年会議所・稼ぐ地域推進委員会アドバイザー、経済団体連合会のシンクタンク・21世紀政策研究所研究員などを歴任。
    現在、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。
    【著書】
    『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』(講談社)
    『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』(講談社)
    『本当は明るいコメ農業の未来』(イカロス出版)など。
    文部科学省「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」採択事業の日本獣医生命科学大学野生動物対策専門技術者養成研修(2009年)を修了。

    メールマガジン

    1. Vol.00 「窪田新之助」試読み
    2. Vol.008 「農業ジャーナリスト 窪田新之助」20190730
    3. Vol.007 「農業ジャーナリスト 窪田新之助」20190701
  • noimages 都立駒込病院 脳神経外科 部長
    部長 篠浦 伸禎
    1958年生まれ。
    東京大学医学部卒業後、富士脳障害研究所、東京大学医学部附属病院、茨城県立中央病院、都立荏原病院、国立国際医療センターにて脳神経外科医師として勤務。1992年、東京大学医学部の医学博士を取得。同年、シンシナティ大学分子生物学部に留学。帰国後、国立国際医療センターなどで脳神経外科医として勤務。
    2000 年より都立駒込病院脳神経外科医長として活躍し、2009 年より同病院脳神経外科部長。脳の覚醒下手術ではトップクラスの実績を誇る。2015年12月12日週刊現代「人として信頼できるがんの名医100人」に脳領域で唯一選ばれるなど日本を代表する脳外科医師。
    【著書】
    「脳は「論語」が好きだった」(致知出版社)
    「人生の 主役になる脳の使い方」(エイチエス)
    「脳にいい5つの習慣」(マキノ出版)
    「人に向かわず天に向かえ」(小学館)、他多数。

    メールマガジン

    1. Vol.00 「篠浦 伸禎」試読み
    2. Vol.035 「脳外科医 篠浦医師の篠浦塾」20190716
    3. Vol.034 「脳外科医 篠浦医師の篠浦塾」20190705

このたび、メールマガジンにとろ鯖料理専門店SABAR様の「38通信」が追加になりました。
サバ愛を感じるメールマガジンをお楽しみください。
SABAR経営者の右田孝宣さんは、サバに特化したビジネスを展開。現在ではサバの養殖事業にも参入しています。


メールマガジンは、無料会員登録フォームから登録できます。
また、ログイン後の画面からも登録できます。
過去のタイトルは、ログイン後サイト内でご覧いただけます。

無料会員登録

スペシャルサンクス

ページトップへ